過払い請求時の取引の分断とは

過払い金返還請求を弁護士の方に依頼した時、まれに金融業者などから「取引の分断」という物を請求・主張される場合があります。
一般の方ではあまりなじみのないこの分断という言葉、その後返金される過払い金の額にも大きな影響を与えるため、過払い金請求を行う上で覚えておく必要があります。
取引の分断とは金融業者が「一度完済した後に間を開けて融資を再開したが、この空白の期間は取引が分断されている」という主張をするものです。
空白の期間として挙げられる日数は業者よって計算方法も異なり、一連計算・個別計算という形で主張されます。


もしこの取引の分断が認められた場合、空白の期間が発生した前後で融資金額の計算を再度行う必要があるため、一度算出した過払い金からも大きく減額される可能性があります。
その為、手続きの依頼主は非常に大きな損失を生むと言えるでしょう。
この取引の分断が発生する理由としては、空白の期間が長かったケースや、融資の利用を辞めたカードの失効手続きをしていないといった点、さらには完済後の契約書返還手続きをしていないといった事務手続きが挙げられます。
どの部分も金融業者から伝えられるものではないため、完済した後は自主的に速やかな行動を取ることが大切だと言えるでしょう。


過払い金返還請求は弁護士の方に依頼する、非常に手間のかかる手続きでもあるため、より得られる金額はしっかりと確保する必要があります。
こういった手続きの不備を指摘されないよう、厳重な注意が必要だと言えます。